当クリニックでは、一般的皮フ疾患を診察するとともに、最新の医療機器レーザーや光、ドクターズコスメなどを用いた美容皮膚治療も充実しております。皮膚に関することなら、どんな事でもお気軽にご相談ください。

【一般的皮フ疾患】
アトピー性皮フ炎、ニキビ、水虫、かぶれ、じんましん、ヘルペス、とびひ、ほくろ、いぼ、できものなど。

【検査】
アレルギー血液検査、パッチテスト(かぶれの原因精査、金属アレルギー検査)、真菌検査、皮フ病理検査、ダーモスコピー(ほくろの検査)など。

★パッチテストによるアレルギー検査(ジャパニーズスタンダード)を開始しました。
なかなか落ち着きにくい慢性湿疹やアトピー性皮膚炎の方は原因が特定できることもあります。事前のご予約が必要ですので、ご希望の方は受付までお声かけください。

【治療】
ぬり薬、のみ薬をはじめ、レーザー、ケミカルピーリング、皮フ小手術、美容皮フ科診療など。

【保険適用】 腋窩多汗症(脇汗)の治療について

原因のわからない多量の脇汗にお悩みの方へ、保険適用の新しい塗り薬「エクロックゲル」が使えるようになりました。

精神的に緊張した時や温まった時に、手のひら・足の裏・脇・額・頭部など、左右対称に多量の汗をかく症状を「原発性局所多汗症」と言います。

■多汗症の定義
局所的に過剰な発汗が、明らかな原因がないまま6か月以上認められ、以下の6症状のうち2項目以上あてはまる場合に多汗症と診断されます。
(日本皮膚科学会ガイドライン:原発性局所多汗症診療ガイドライン2015年改訂版)
1. 最初に症状がでるのが25歳以下であること
2. 対称性に発汗がみられること
3. 睡眠中は発汗が止まっていること
4. 1週間に1回以上多汗のエピソードがあること
5. 家族歴がみられること
6. それらによって日常生活に支障をきたすこと

「エクロックゲル」は、日本初の『脇汗への塗り薬』で、1日1回の塗布での脇汗を減らす効果が認められています。
3割負担の方でお薬代が約1,500円程度ですので、脇汗でお悩みの方の一助になるのではないかと考えます。お悩みの方はご相談ください。

■処方にあたっての注意
・12歳以上で原発性腋窩多汗症の方にのみ処方が可能です。
・脇以外(手足等)には使えません。
・閉塞隅角緑内障の方、排尿障害のある前立腺肥大の方は使えません。
このページのトップへ

【保険適用】 アトピー性皮膚炎の新しい塗り薬「コレクチム軟膏」について

アトピー性皮膚炎の治療外用剤として、ステロイド、プロトピックに続く新しい塗り薬「コレクチム軟膏」が使えるようになりました。
「コレクチム軟膏」は
・副作用が出にくいため長期使用が可能
・刺激が少ない
という、これまでの「ステロイド」や「プロトピック」の使用で問題になっていた点がありません。

現在のところ、16歳以上のアトピー性皮膚炎の方のみが対象となります。
『顔、特に目の周りに皮疹が多くある方』、『痒みや刺激感でプロトピックが使えない方』等に有効です。

これまでの塗り薬や飲み薬の治療と組み合わせて、個々の症状に合わせた使い方を選択する必要があります。お悩みの方は一度ご相談ください。

■コレクチム軟膏の処方ができない方
・16歳未満の方
・妊婦、産婦、授乳婦の方
このページのトップへ

【保険適用】 アトピー性皮膚炎の注射治療「デュピクセント」について

ステロイド等の抗炎症外用剤による適切な治療を一定期間行っても改善しない方や、強い炎症をともなう成人アトピー性皮膚炎の方に、注射薬「デュピクセント」による治療ができるようになりました。
デュピクセントは高い効果が見込まれる画期的な治療薬ですが、投与においていくつかの条件があります。

■治療を受けることができる方
・15歳以上の方
・成人アトピー性皮膚炎と診断されている方
・成人アトピー性皮膚炎の方で、外用剤による治療を6か月以上行っている、もしくは副作用や過敏症のため外用療法が継続できない方
・治療開始当初、月2回の通院が可能な方(その後自己注射へ切替可能な場合有)
・併用して外用薬による治療も継続できる方
・医師が皮疹の状態を見て判断する指定項目が、一定のスコア以上である方

■デュピクセント注射に注意が必要な方
・他のアレルギー疾患を併発している方
・寄生虫感染症の方(寄生虫に対する免疫を低下させるため)
・妊婦、産婦、授乳婦の方
・高齢者、小児の方

■費用について
薬代が高額なため、3割負担の方で通院期間中1か月あたり約5万円程度の治療費が必要です。高額療養費制度により一定額以上は補助を受けられる場合がありますので、お勤め先や各自治体にご相談ください。

初回はデュピクセントを2本(600mg)注射し、2回目以降は1本(300mg)の注射を2週間おきに行います。
一定期間経過後、特に問題が無いと判断されれば、ご自宅で自己注射を行う形に切り替えられる場合もあります。(この場合でも約1〜3か月に1度の通院は必要です。)

重度のアトピー性皮膚炎でお悩みの方、一度ご相談ください。

このページのトップへ

さらに一歩上の肌を目指すために・・・

当クリニックでは様々な美容皮膚治療を取り入れております。

初診カウンセリングでは、患者様がどのような治療を望んでいらっしゃるのか、どこまでの肌改善を望んでいらっしゃるのか、じっくりとお話をうかがいます。

患者さまのお肌に状態をチェックして、お一人お一人に合った美肌治療を提案させて頂きます。
 
このページのトップへ

美容皮フ科施術の ご予約・変更・キャンセルについて

レーザー脱毛施術、スキンリジュビネーション施術は全て予約制となります。
予約日時の変更やキャンセルをご希望の場合は、以下のキャンセル規定が適用となりますので予めご了承ください。
多くの方に気持ちよく施術を受けて頂くため、ご協力をお願い致します。

予約日時の変更 ご予約日の前日(前診療日)まで
(月曜日にご予約の場合は土曜日)
予約のキャンセル
予約当日の変更・キャンセル、ご連絡なしのキャンセルについては
ご予約施術料金×10% のキャンセル料を頂戴いたします。
このページのトップへ

このページのトップへ